Cloud_Manager_logo-1Cloud Manager – ハイブリッド クラウド データ管理

ハイブリッド クラウド ストレージとデータ管理サービスを一元的にオーケストレーション

Cloud Managerは、一元化されたコントロール プレーンでITエキスパートとクラウド アーキテクトによるハイブリッド クラウド環境でのデータの管理、監視、自動化をサポートします。ネットアップのCloud Volumesプラットフォームで利用できます。

無償トライアルを開始ビデオを見る

image-208
ezgif-2-d179303484ef

データの保管場所にかかわらず管理を維持できるエンタープライズクラスのデータ管理プラットフォーム

オンプレミスおよびクラウドのストレージを一元管理できるプラットフォームで、ハイブリッド マルチクラウド プロバイダ環境とアカウントをサポートします。ITプロフェッショナルは内部および外部ユーザに最適化されたクラウド ストレージ サービスを提供することができます。

管理の一元化

単一コンソールでサイロ化したストレージ システムを統合します。複数のNetApp ONTAPストレージ システムをオンプレミス、AWS、Azure、Google Cloudにわたって管理します。

プロビジョニングの簡易化

ITプロフェッショナルがビジネス目標をシンプルなプロビジョニング ツールで達成できるようにします。容量の自動拡張によって、最適化されたストレージ容量を内部および外部のお客様向けに割り当てます。

データ ファブリックの実現要素

RESTful APIのサポートや他のネットアップ クラウド管理システムとの統合により、クラウド ストレージ運用の自動化とオーケストレーションを実現できます。

特長

  • クラウドへのシンプルかつ迅速な移行

    アプリケーションを書き換えることなくポイントアンドクリックを使用することで、クラウド ストレージの移行を合理化します。Cloud Managerは、運用データ ストレージの要件を達成するために必要なクラウド インフラを自動的に作成します。

  • クラウドとオンプレミス ストレージの組み合わせのオーケストレーション

    異種ストレージ環境を1つのシームレスなデータ ファブリックに接続します。

    • オンプレミスのONTAP
    • 複数のCloud Volumes ONTAP
    • 複数のクラウド プロバイダ アカウント
  • 内部チームのセルフサービスを実現

    ストレージ容量を組織のさまざまなユーザ(開発チームなど)に容易に割り当てて、アクセス ロールを定義し、ストレージ管理作業および管理工数を軽減します。

  • パフォーマンスとコストを最適化

    Cloud Managerは、ストレージ インフラの健全性と複数のクラウド アカウントのパフォーマンスに関する実用的な分析情報を提供します。重要な指標へのアクセス、トラブルシューティングの時間短縮、パフォーマンスのニーズの予測、インフラ コストの適切な管理を実現します。

データの統合

Cloud Managerのすべての機能は、RESTful APIを介して実行できるため、プロセスの自動化やサードパーティ製システムシステムとのシンプルな統合が可能です。以下のクラウド管理システムがCloud Managerと完全に統合されています。