Edge_logoCloud Volumes Edge Cache

統合とコラボレーションで、コストを抑えリスクを削減

分散型ストレージを刷新して、最適なエンドユーザのパフォーマンスを維持しながら、セキュアで拡張性の高いパブリック クラウド インフラへの移行を実現します。

Register for WebinarCustomer Success Story アナリストの分析

hero-gfc
Medium Res JPG Output to RGB-SERVICE_blue

Cloud Volumes Edge Cacheで分散型ストレージを刷新

今日、企業が直面している最大の課題の1つは、非構造化データが増えすぎて、そのデータセットを効率的に一元管理できないことです。非構造化データの80%は複数の場所に存在しているため、企業はこのような「孤立した」データの管理に苦労しています。その結果、環境の複雑化がすすみ、ITチームによる管理のコストが膨大にかかります。また、このような複雑な環境では、企業はコンプライアンスの維持、監査の効率化、データ損失のリスク、潜在的なセキュリティ侵害などの課題に悩まされることになります。

詳細はこちら

Medium Res JPG Output to RGB-UNITY

Cloud Volumes Edge Cacheを選ぶ理由

NetApp® Cloud Volumes Edge Cacheは、「アクティブなデータセット」を世界中の分散したオフィスにキャッシュすることで、ユーザがどこからでも一元管理されたデータに高速かつセキュアにアクセスできる環境を構築します。いつ、どこに配置されていても、またユーザがどこから利用しても、データを確実に保護し、業界トップクラスのパフォーマンスを実現します。

ITの課題

ビジネス上の課題

ic-data

ブランチ オフィスの「孤立したデータ」の管理

ic_performance

データへのアクセスに時間がかかる

ic-cost-Dec-09-2020-12-45-03-81-PM

データの肥大化と重複

ic-arrows

効率的にコラボレーションできない

ic_server

サーバ / ストレージ リソースを十分に利用できていない(サーバ スプロール)

ic-privacy

データ整合性の問題

ic-server-2

ローカル ストレージ、データ レプリケーション、バックアップに起因する長いリカバリ時間

ic-copy

ファイル バージョンの競合によるデータの損失

ic-settings-1

複雑化したIT管理

ic-time-4

ビジネスの生産性低下

Cloud Volumes Edge Cacheソリューション

 
  • ic-migration-4データをパブリック クラウドに統合して一元管理します。また、エンタープライズクラスのストレージ ソリューションの拡張性とパフォーマンスを活用できます。
  • ic-resources-specsユーザ向けのグローバルな単一のデータセットを作成し、インテリジェントなファイル キャッシュを活用して、グローバルなデータ アクセス、コラボレーション、パフォーマンスを強化します。
  • ic-data自律型 / 自己管理型キャッシュを活用することで、データをすべてコピーまたはバックアップする必要がなくなります。アクセス頻度の高いデータにはローカル ファイル キャッシュを使用して、ストレージ コストを削減します。
  • security-blackリアルタイムの集中ファイル ロック機能によって、グローバル ネームスペースを通じてブランチ ロケーションから透過的にアクセスできます。

主なユースケース

image-3

Distributed Storage Consolidation

クラウドをすべてのユーザが利用できる単一のエンタープライズ データ フットプリントとして活用し、データ管理の簡易化とビジネス継続性の向上を実現します。

image-3-2

Global Data Access & Collaboration

仮想チームを活用し、チームとコラボレーション ワークフローの生産性を向上させるためのユーザ向けのグローバルな「単一のデータセット」を作成します。

特長

  • クラウドの活用

    Cloud Volumes Edge Cacheを導入すれば、きわめて要件の厳しいデータセットでも、ネットアップのCloud Volumes ONTAP®プラットフォームで安全性と拡張性を維持できます。

  • エンドツーエンドのセキュリティ

    Microsoft Active Directoryとシームレスに統合されます。また、ACLとNTFS権限を使用してデータ アクセスを制御するとともに、保管データや転送中のデータを暗号化します。

  • コストの削減

    ビジネスの規模にかかわらず分散したストレージのデータ容量と運用上のオーバーヘッドを削減しつつ、アプリケーション、システム、ワークフローへの現在の投資を保護します。

  • シンプルな運用

    エッジ環境では自律型 / 自己管理型キャッシュによるゼロタッチの管理、コア環境のパブリック クラウドでは一元的な統合型ストレージ環境を実現します。

  • 透過的な統合

    リアルタイムでのデータへのアクセスとコラボレーションにより、ユーザは世界中のどこにいても、帯域幅、レイテンシ、距離を気にせず、同じオフィスにいるかのように作業できます。

  • データ保護

    分散バックアップ プロセスがいつもうまくいくとは限りません。ソースにあるデータを無制限に常時バックアップしておくことで、リスクを軽減します。

  • 優れたパフォーマンス

    アクセス頻度の高いデータがオフィスでローカルにキャッシュされ、データ転送は圧縮、ストリーミング、差分処理を利用してWAN経由で効率的に行われるため、すばやいデータ アクセスが実現します。