logo-gfc-2Global File Cache

非構造化データをクラウドに統合

ネットアップのインテリジェントなGlobal File Cacheを利用すれば、テレワークに対応したリアルタイムのグローバルなファイル共有が実現します。

ROIを計算 ビデオを見る Eブックをダウンロード

hero-gfc

ネットアップのGlobal File Cacheで分散型ストレージを刷新

IDCの試算によれば、今日のエンタープライズ データの実に90%を非構造化データが占めています。これらのデータは、世界中の多岐にわたる環境にさまざまな形式で保存され、アクセスされています。ネットアップは、企業がこのようなデータをクラウドに集約し、コストを削減すると同時に、グローバルにアクセス可能なファイルシステムをクラウド上に構築するお手伝いをします。

ネットアップの実績のあるインテリジェントなGlobal File Cacheを分散エンタープライズ環境で使用すると、サイロ化した複数のファイルサーバをパブリック クラウド上の安全な統合グローバル ストレージに集約できます。これにより、IT管理が全体的に合理化され、コストが大幅に削減されます。また、ビジネスの生産性が世界規模で向上します。

Global File Cacheを選ぶ理由

ネットアップのインテリジェントなGlobal File Cacheでは、1つのソフトウェア ファブリックを構築して、世界中に分散したオフィスの「アクティブなデータ」セットをキャッシュできるので、透過的なデータ アクセスと最適なパフォーマンスがグローバル規模で保証されます。

多くの企業がブランチ オフィスのサーバとストレージ資産の統合および一元管理を進めており、複雑なIT管理をなくすことで大幅なコスト削減を実現しています。Global File Cacheは、Microsoft Windows Serverインスタンスに透過的に導入されます。そのため、企業はローカル ストレージを統合し、Microsoft Active Directory、DNS / DHCP、DNS、DFS名前空間、SCCMによるソフトウェア配布などのサービスをユニファイドITインフラに組み込むことができます。

ITの課題

ビジネス上の課題

ic-data

ブランチ オフィスの「孤立したデータ」の管理

ic_performance

データへのアクセスに時間がかかる

ic-cost-Dec-09-2020-12-45-03-81-PM

データの肥大化と重複

ic-arrows

効率的にコラボレーションできない

ic_server

サーバ スプロール - サーバ / ストレージ リソースが十分に利用されていない

ic-privacy

データの整合性の問題

ic-server-2

ローカル ストレージ、データ レプリケーション、バックアップに起因する長いリカバリ時間

ic-copy

ファイル バージョンの競合によるデータの損失

ic-settings-1

複雑化したIT管理

ic-time-4

ビジネスの生産性低下

ソリューション:Global File Cache

ネットアップのインテリジェントなGlobal File Cacheはソフトウェアベースのソリューションです。「アクティブなデータ」セットを世界中に分散したオフィスにキャッシュし、ユーザがすばやく安全にデータにアクセスできる環境を構築します。ユーザは世界中どこからでも常に同じデータにアクセスでき、パフォーマンスも保証されます。

 
  • ic-migration-4データをパブリック クラウドに統合して一元管理します。また、エンタープライズクラスのストレージ ソリューションの拡張性とパフォーマンスを活用できます。
  • ic-resources-specsユーザ向けのグローバルな単一のデータセットを作成し、インテリジェントなファイル キャッシュを活用して、グローバルなデータ アクセス、コラボレーション、パフォーマンスを強化します。
  • ic-data自律型 / 自己管理型キャッシュを活用して、全データのコピーとバックアップの必要性を排除します。アクセス頻度の高いデータにはローカル ファイル キャッシュを使用して、ストレージ コストを削減します。
  • security-blackリアルタイムの集中ファイル ロック機能によって、グローバル ネームスペースを通じてブランチ ロケーションから透過的にアクセスできます。

特長

  • あらゆるクラウド プラットフォームに対応

    Global File CacheをCloud Volumes ONTAP、Cloud Volumes Service、Azure NetApp Filesとともに任意の主要なハイパースケーラ プラットフォーム(Azure、AWS、GCP)に導入し、クラウド統合プロジェクトを始動できます。

  • エンドツーエンドのセキュリティ

    Microsoft Active Directoryとシームレスに統合されます。また、ACLとNTFS権限を使用してデータ アクセスを制御するとともに、保存中 / 転送中のデータを暗号化します。

  • コストの削減

    分散した複数の拠点にある既存のハードウェアやVMインフラを活用し、世界中に分散するユーザにファイルサービスを提供します。

  • シンプルな運用

    エッジ環境では自律型 / 自己管理型キャッシュによるゼロタッチの管理、コア環境のパブリック クラウドでは一元的な統合型ストレージ環境を実現します。

  • 透過的な統合

    リアルタイムでのデータへのアクセスとコラボレーションにより、ユーザは世界中のどこにいても、帯域幅、レイテンシ、距離を気にせず、同じオフィスにいるかのように作業できます。

  • ハイ パフォーマンス

    アクセス頻度の高いデータがオフィスでローカルにキャッシュされ、データ転送は圧縮、ストリーミング、差分処理を利用してWAN経由で効率的に行われるため、すばやいデータ アクセスが実現します。

よくある質問

皆様から多くの質問をお寄せいただいています。その中から代表的な質問とその回答を以下に掲載します。Global File Cache(GFC)ソリューション自体について、技術的な質問、サービス内容に関して、またライセンス方法についてまとめましたので、参考にしてください。