SQL Serverをクラウド ストレージでさらに便利に

いくつものSQLデータベースにいつでも対応できます。Microsoft Azureクラウド サービスでMS SQLデータベースの自動化、高可用性、コスト抑制を実現するには、Cloud Volumesのようなエンタープライズクラスのストレージが必要になります。

  • Cloud Volumes ONTAP

    Cloud Volumes ONTAP は、クラウド ネイティブのコンピューティング リソースとストレージ リソースを活用した自己管理型のストレージ サービスです。MS SQLデータベース サービスに求められる重要なデータの保護機能と高度なデータ管理機能を備え、ストレージ効率を高めてクラウド ストレージのコストを大幅に削減できるように設計されています。

    SQLserver_ontap (1)

    SQL管理者は、任意のクラウドで高度なストレージ レイヤを展開し、クラウド ストレージ インフラの管理を強化できます。:

    • 効率的なデータ重複排除、シンプロビジョニング、データ圧縮、階層化により、クラウド ストレージのコストが最大70%削減されます。
    • NFS、SMB、およびiSCSI をサポートしているため、NASとSANの両方のストレージをプロビジョニングし、クラウド プロバイダに関係なく共通の機能セットとAPIを利用できます。
    • インテリジェント キャッシングにより、I/Oの読み取りと書き込みのパフォーマンスが向上します。
    • ハイアベイラビリティ(RPO=0)構成により、ダウンタイムのリスクが排除されます。
    • NetApp SnapMirror®により、オンプレミスをクラウド インスタンスに統合することでハイブリッド クラウド環境が一元化されます。
    • パフォーマンスに影響しないNetApp Snapshot™コピーで、リソースを余分に消費することなく、ポイントインタイム バックアップをほぼ瞬時に作成できます。
  • Azure NetApp Files

    Azure NetApp Files は、クラウド アーキテクトやMicrosoft SQL Serverデータベース管理者を対象としたサービスで、ネイティブのAzureクラウド ストレージ サービスの構成内でオンプレミスのフラッシュのパフォーマンスと高度なストレージ機能を提供します。Azure NetApp Filesでは、ファーストパーティ サービスとして、シームレスなクラウド インフラの管理が可能です。

    SQLserver_anf

    ゼロタッチの管理と高度な機能を使用して、フルマネージドのストレージ ボリュームをシームレスに展開できます。

    • ハイパフォーマンスなクラウド ストレージを簡単に構成および管理できます。
    • LinuxとWindowsのアプリケーションをSMBv3およびNFS(v3、v4.1)で接続できます。
    • ご希望のパフォーマンス階層においてレイテンシをミリ秒単位のレベルに抑え、250kを超えるIOPがSLAで保証されます。
    • クラウド プロバイダのコンソールまたは標準のクラウドAPIを使用して、ストレージを必要な分だけ利用できます。
    • NetApp Cloud Syncを使用して、オンプレミスと他のリポジトリの間でデータを移動できます。
    • データの損失や破損を防止し、99.99%の可用性を保証する高度なボリューム コピーを使用して、効率的なスナップショットを作成できます。

ご希望のクラウドでソリューションの利用を開始する

SQL Server向けソリューションの詳細については、以下をクリックしてください。