実績のあるネットアップの機能を利用してSAPをクラウドで最適化

SAP向けネットアップ クラウド サービスで、プロジェクト期間の短縮、運用の簡易化、クラウドへの迅速な移行を実現できます。

Image 229

クラウドストレージがSAP導入に与える影響は?

SAP S/4HANAへの移行は、最も期待されている技術的な移行の1つです。2027年までに、SAPはソフトウェアのEnterprise SuiteでHANA以外のデータベースのサポートを終了します。多くの企業にとって、この移行は重要なアプリケーションをクラウドに移行する機会となります。

クラウドは即応性と迅速な導入を約束しますが、SAP導入の真のメリットは、インフラの節約だけではなく、プロジェクト期間の短縮、運用の簡易化、適切に設計されたアプリケーションの統合によってもたらされます。SAPの導入に適切なクラウド ストレージを選択することは、ビジネス目標を達成するために不可欠です。

oracle-db-performance-black

パフォーマンス

ロギング、索引付け、データ レコードの更新など、複雑なビジネスオペレーションの実行には、レイテンシとスループット パフォーマンスが求められます。

oracle-db-availability

可用性

冗長性と高可用性の設定により、ストレージやコンピューティングの障害を防ぎ、データベースやアプリケーションのオンライン化を支援します。

oracle-db-protection-black

保護

データ破損、外的脅威、事故によるデータ損失は、いずれも正しいデータ保護が必要な理由です。

oracle-db-cost-black

即応性

アプリケーション開発ワークフローは、高速反復と並行試験により技術革新とコスト削減につながります。

oracle-db-durability

データ保持性

サービス エラーによりデータを損失するのは回避すべきです。想定外のサービス中断によるデータ損失を回避できるストレージが必要です。

oracle-db-optimization

最適化

データベースの効率化や決まりきったタスクを自動化することで、人為的ミスによるリスクの発生を抑え、運用時の生産性を改善できます。

NetApp Cloud VolumesでSAPをクラウドに移行、導入、最適化

NetApp Cloud Volumesは、Azure、Google Cloud、AWSに対応した専用のクラウドストレージです。Azure NetApp FilesおよびAmazon FSx for NetApp ONTAPとともに、これらのサービスはイノベーションを牽引し、ミッション クリティカルなSAPをサポートします。卓越した信頼性と柔軟性を備えたこれらのサービスを活用して、SAPを導入すれば、高性能ストレージ、データ暗号化、水面下でのストレージ最適化、ゼロインパクトのスナップショット プロセスなどのメリットを享受することができます。マネージ ドクラウド ストレージ サービス、またはユーザーに定義されるストレージ管理レイヤを使用すると、次のことが可能になります。

Mask Group 28

パフォーマンスを最大化

SAP ECCとS/4HANAのパフォーマンスと容量をランタイムでチューニングし、1ミリ秒未満のレイテンシと最大6GiB/sのスループットを実現します。

ic-cost-Dec-30-2020-06-58-37-31-AM

アップタイムを向上

99.9999999%のデータ保持率が保証されており、ダウンタイムやデータ損失のコストを回避できます。

mask-group-28

耐障害性を向上

99.99%のアップタイムが保証されており、RPO=0設定が可能であるというメリットを享受できます。

ic-copy

確実に保護

スペース効率の高いスナップショットと可用性のあるブロックレベルのレプリケーションにより、8倍速のバックアップと迅速なリストアを実現します。

oracle-db-durability

クラウドへの迅速な移行

コードを変更せずにクラウドに移行できます。スペース効率の良いコピーを使用してアプリケーション開発期間を短縮し、迅速なプロトタイピングおよび並行テストを可能にします。

mask-group-28-3

運用を簡易化

データ管理の自動化とコールド データの階層化によってクラウド ストレージを最大70%節約し、コストを削減します。

img_use_case_1-copy-2

ユースケース

NetApp Cloud VolumesはSAPワークロードのために、クラウドで最高のストレージ体験を提供します。

  • プロダクションHANA
  • 共有ファイル
  • アプリケーションの開発/テスト
  • ディザスタ リカバリ
  • お客様の課題

    SAP S/4HANAをクラウドで稼働させている企業は、クラウドの柔軟性やクラウド サービスへのアクセスなどのメリットを享受しています。しかし、重要なアプリケーションを常に稼働させ、適切なパフォーマンスを発揮するためには、エンタープライズクラスのストレージとデータ管理が必要です。

  • ソリューション
    • Azure NetApp FilesとCloud Volumes Service for Google Cloudは、本番用HANAデータベースでの使用が認定されたサービスです。
    • 開発、テスト、共有ファイル向けのCloud Volumes ServiceまたはAzure NetApp Files
    • スクリプトまたはSnapCenter for Cloud Volumes ONTAPによる、アプリケーション統合型Snapshotコピー
  • メリット
    • すべてのSAP S/4HANAインスタンスでファイルを共有するための高速で可用性の高いエンタープライズ向けNFSサービス
    • プロトタイプや新しい環境を数分で提供し、プロジェクトにかかる時間を短縮
    • パフォーマンスに影響を与えない、スペース効率の良いSnapshotによる耐障害性の向上
  • サポート対象製品
  • 共有ファイル

    お客様の課題 あらゆるSAPシステム環境には、/usr/sap/trans、sapmnt、/hana/sharedなどの共有ファイル システムが必要です。すべてのパブリック クラウドが、SAPアプリケーションに適した、使いやすく強力なエンタープライズクラスのファイル システムを提供しているわけではありません。多くの場合、お客様は独自のファイル サービスを提供するためにLinuxベースのNFSサーバを構築しなければならず、追加のリソースとメンテナンス コストがかかり、TCOの増加に繋がります。

  • ソリューション
    • Cloud Volumes Service、Amazon FSx for NetApp ONTAP、およびAzure NetApp Filesは、SAP導入時にワンクリックで利用できる共有ファイル ストレージです。
    • 導入が容易で、エンタープライズ管理機能が充実しています。
    • 共有ファイル システムとデータベース ボリュームのため、Cloud Volumes Service、Amazon FSx for NetApp ONTAP、およびAzure NetApp Filesがあらゆる種類のSAP導入に最適なソリューションです。
  • メリット
    • SAPの導入実績が多数ある、エンタープライズクラスのNFSとSMB
    • 自動バックアップのためのSnapShotコピーを内蔵 · 運用を簡易化し、最大50%のコスト削減を実現
    • クラウド内、クラウド間、ハイブリッド セットアップでの同期を自動化。
    • 効率的なデータ削減機能により、クラウド ストレージのコストを最大70%削減
  • サポート対象製品
  • お客様の課題

    大規模なSAPプロジェクトでは通常、複雑なテスト環境が必要となり、複数のプロジェクト チームがサンドボックスや開発システムを必要とします。このようなニーズには、導入を改善するための追加のインフラとメカニズム、そしてこの非常に厳しい環境に適応するための、SAPシステムのコピーの手順が必要です。また、多くのSAPのお客様は、新しいSAPアプリケーションの検証と適応に必要な移行テストをサポートするために、インフラの刷新を必要としています。社内のIT部門は、これらの厳しいインフラ要求に圧倒されてしまうことがよくあります。

  • ソリューション

    Cloud Volumes ONTAPを使用:

    • SAPシステムのコピーと、高速バックアップおよびリストア操作により、ネットアップのSnapshotとクローニング テクノロジを利用して開発サイクルとプロジェクトを効率的に促進
    • SnapCenterやSAP Landscape Managementとのアプリケーション統合により、使いやすいSAPワークフローを実現
    • すべてのツール、API、運用をすぐに変更することなく、クラウドに拡張可能
    • ストレージの効率化と運用の改善により、TCOの削減に貢献

    Cloud Volumes Service、Amazon FSx for NetApp ONTAP、Azure NetApp Filesを使用:

    • パフォーマンス要件の高いテスト システムは、SAPシステムの構成を変更することなく、Cloud Volumes Service、Amazon FSx for NetApp ONTAP、またはAzure NetApp Filesに移行することができます。
  • メリット
    • ディザスタ リカバリや開発・テストのための投入に向け、オンプレミスからの効率的なレプリケーションを実現
    • 迅速なコピーで開発スピードを最大70%加速
    • エンタープライズクラスのデータ管理をクラウド上で実現し、開発、テスト、移行プロジェクトを改善
    • Cloud Volumes ONTAPを使用した、クラウド内、クラウド間、ハイブリッド セットアップでの自動同期による、ハイブリッド運用のサポート。
    • 運用を簡易化し、最大50%のコスト削減を実現
  • サポート対象製品
  • お客様の課題

    企業はクラウドの柔軟性や消費モデルを活用して、インフラの運用中における管理を必要としない、ディザスタ リカバリ拠点を手頃な価格で活用したいと考えています。その際に直面する課題は、災害時にも同様のパフォーマンスで、データの損失やダウンタイムを最小限に抑えながら、クラウドで業務を継続できるかどうかです。

  • ソリューション
    • ネットアップ オンプレミスのユーザは、Cloud Volumes ONTAPに効率的にデータをレプリケートすることで、専用のアプリケーション サーバを使用せずにディザスタ リカバリをサポートすることができます。
    • 災害時のフェイルオーバー時には、Cloud Volumes ONTAPでシステムを起動したり、Cloud SyncやRsyncを使用して、高速なCloud Volumes ServiceやAzure NetApp Filesに移行することができます。
    • ネットアップのクローニング機能は、定義された目標復旧時点(RPO)を満たすことができるかどうかを検証するために、中断することなくディザスタ リカバリ テストに使用することができます。
  • メリット
    • クラウド上にアプリケーション サーバを追加することなく、ディザスタ リカバリのためにオンプレミスからコスト効率の良いストレージベースのレプリケーションを実行
    • ミラーを壊すことなくネイティブ クローニング テクノロジを使用して効率的なディザスタ リカバリ テストを行い、リスクを排除。
    • ディザスタ リカバリ レプリケーション イメージを活用し、開発/テスト システムの追加コピーを作成
    • パフォーマンスに負荷のない、Snapshotコピーを利用したアプリケーションと整合性のあるHANAバックアップ
  • サポート対象製品