EDA(電子設計自動化)

最先端のプロセス テクノロジに求められるストレージ要件の増大と、市場投入までの時間短縮を求める継続的なニーズによって、チップの設計と製造をクラウドに移行する動きが進んでいます。

EDA-banner-1
shrink_cycle

急増するデータの管理に求められる新たなソリューション

最先端のプロセスに求められる次世代のストレージ要件は、急激に増大しています。これまで、ストレージ要件はプロセス テクノロジ世代ごとに2倍のペースで増大していましたが、5nmプロセスから3nmプロセス世代への移行では、ストレージ要件は4~6倍にまで増大しています。増大する要件への対応が必要とされる設計会社にとって、オンプレミス ソリューションだけでは十分な容量を確保できません。


この要件のギャップを埋めるには、オンプレミスのワークフローをシームレスにクラウドへ拡張できる、最先端のデータ管理と移行のソリューションが必要です。

Screen Shot 2022-05-08 at 11.13.09-1

クラウドに最適なストレージ パートナー

EDAワークフローでは、クラウドに適切なストレージを選択することがきわめて重要です。クラウド ストレージには、EDAプロセスの変動する厳しいコンピューティング要件に対応できるだけの柔軟性が求められます。ネットアップは、約30年にわたるストレージでのリーダーシップをクラウドでも発揮して、豊富な機能セットを提供します。EDAワークロード固有の要件に対応するソリューションを提供しているネットアップは、主要なクラウド プロバイダからも推奨されています。

クラウドのEDAにも対応するソリューション

ネットアップのソリューションは、バースティングから移行、およびその中間のあらゆるプロセスにおいて、クラウドのEDAワークロード向けの幅広い導入モデルが用意されていると、半導体メーカー、アナリスト、クラウド プロバイダから評価されています。

EDAワークロードでのネットアップのパフォーマンス ベンチマーク

クラウドでのネットアップのパフォーマンスに関する詳細は、ベンチマークをご覧ください。

aws-logo-2

azure-logo-full

 

GC_logo-1