ヘルスケア&生命科学

ネットアップのソリューションを導入することで、ヘルスケア / 生命科学分野の企業はイノベーションを促進し、クラウドが持つ可能性を引き出し、データ保護を強化することができます。

Healthcare_banner_img

アプリケーション ベースのインフラを使用して運用状況の把握を高速化

リソースの最適化、データセンターの設置面積の削減、研究強化のためのAI利用に対するニーズにより、ヘルスケアにおけるクラウドの受容は急増しています。ネットアップは、企業が大規模なIT戦略の一環としてオンプレミスとクラウドのシームレスな統合を実現できるよう支援します。ネットアップのアプリケーション ベースのインフラにより、ハイブリッド クラウド データのモバイル化が可能になり、チームのコラボレーションが強化され、拡張性やITリソースの統合が改善されることで、複雑さが軽減され、イノベーションのスピードアップが実現します。

データ保護の強化および法規制の遵守のサポート

ネットアップは、ヘルスケア関連企業におけるデータ保護とコンプライアンスを容易にします。ネットアップのクラウド ストレージには、データ損失、ダウンタイム、マルウェアに対する組み込みの保護メカニズムが搭載されており、患者のプライバシー コンプライアンス スキャンをワンクリックで導入することができます。セキュリティとコンプライアンスに対する厳格な管理を維持しながら、各環境とクラウド間でデータを移行することができます。ネットアップのソリューションにより、データの整合性を犠牲にすることなく、スムーズなグローバル データのコラボレーションが実現します。

業界をリードするデータ管理およびストレージ ソリューションを
AWS、Azure、Google Cloud上で提供

Data mobility

データ モビリティ

アプリケーションを変更することなく、オンプレミスとクラウド環境間で迅速かつコスト効率よくデータを移行します。

Data protection

データ保護

エンタープライズに対応したエンドツーエンドのデータ セキュリティ、データ プライバシー、ディザスタ リカバリ、バックアップや監視がすべて集約されています。

Data collaboration

データのコラボレーション

セキュアなデータのモバイル化により必要な情報を適切なタイミングで利用でき、その結果、より的確な意思決定が可能になります。

データを変革して患者支援とビジネス バリューを向上

ネットアップは共有クラウド ストレージのリーダー

ユーザ事例

メリットは、Cloud Volumes ONTAPを管理するのに特別なスキルは必要ないことです。なぜなら、既存のチームがクラウドでこれまでと同じ処理をできるからです。

Siemens Healthineers IT 戦略およびデジタル化ソリューション アーキテクト / Santhanakannan Ramasamy氏

詳細はこちら

ユーザ事例

プライベート クラウドから選択したパブリック クラウドへのワークロードの移行は時間のかかる作業でした。データを移行するまで、研究者たちは何もできません。クラウドからクラウドへのデータ移行をすべて実現するには、ハイブリッド マルチクラウド データ ファブリックが必要でした。

AstraZeneca グローバル インフラ サービス ディレクター / Scott Hunter氏

詳細はこちら

ユーザ事例

ネットアップは、基盤という意味で実にシームレスです。アプリケーション開発に活用するDevOps環境を、クラウドにするかオンプレミスにするかで悩む必要がなくなりました。現在はIT Blue Crossクラウドですが、ワークロードの場所に関係なく、必要なサービスに応じて提供することが可能です。

Blue Cross Blue Shield of North Carolina Itインフラ担当ディレクター / Petar Bojovic氏

詳細はこちら

ユーザ事例

すべてのお客様に共通して言えることは、ゲノミクス主体のアプローチによる病気の生態系要因に関する正しい理解という点で意思決定が向上すると信じていること、そしてこのアプローチが、研究開発の生産性に変化をもたらし、より有効な薬がそれを必要としている患者により早く届けられることを希望していることです。

WuXi NextCODE 最高経営責任者 / Rob Brainin氏

詳細はこちら

ユーザ事例

ネットアップは、パブリック クラウドにおける確かな足がかりの提供によって、技術革新のためのソリューションを実現できるよう弊社を支援しています。以前は、オンプレミスでのソリューションの構築は困難でした。なぜなら、必要となる拡張性について理解していなかったからです。

データ保護およびストレージ システム担当ディレクター / Brad Clark氏

詳細はこちら

ユーザ事例

NetApp Cloud Volumes ONTAPによって、設備投資額を増やすことなく、またインフラの再構築なしで、AWSへのデータの移行と切り替えが実現しました。現在では、ストレージ コストは管理対象の毎月のコストに含まれているため、お客様のサポートに必要なリソースに対して支払うだけです。

AdvancedMDITおよびデータセンター運用担当シニア ディレクター / John Esser氏

詳細はこちら