AWSへのOracleデータベースの導入

AWSへのOracleの導入には、Cloud Volumes Service(ネイティブ クラウド ストレージ サービス)またはNetApp Cloud Volumes ONTAP(セルフマネージド ストレージ サービス)を使用します。

  • Cloud Volumes ONTAP

    Cloud Volumes ONTAP は、クラウド ネイティブ リソース上に導入されるセルフマネージド ストレージ サービスです。高速で対費用効果の高いストレージを提供し、省スペースのSnapshot、使いやすいバックアップ、データ プライバシー スキャン、ランサムウェアからの保護、リモート データ キャッシュなどの統合機能で高可用性を実現します。

    インテリジェントなストレージ レイヤを構築し、クラウド アプリケーションの速度と効率を高めることができます。そのために以下の機能が揃っています。

    • 共有ファイル / ブロック ストレージ サービス。AWS EBSとS3でネイティブに提供され、NFS、SMB、iSCSIの全バージョンをサポートします。
    • ダウンタイムを防ぐ高可用性(RPO=0)アーキテクチャ、およびディザスタ リカバリでのリージョン間の効率的なデータ レプリケーション。
    • EBSを超えるIOPS(ストレージ効率化とS3へのコールド データの階層化でストレージ コストを70%削減)。
    • 複数のクラウドにわたって一貫した機能とAPIを提供するCloud Managerを使用した高度な管理と自動化。
    • アプリケーションの開発、テスト、QAを高速化するための、本番環境データの瞬時かつ無停止のクローニング。
  • Amazon FSx for NetApp ONTAP

    Amazon FSx for NetApp ONTAPは WindowsインスタンスとLinuxインスタンスのブロック ストレージとファイル ストレージを提供するAWSネイティブのマネージド サービスです。AWS環境に適したエンタープライズクラスの一連のネットアップ データ サービスを活用して、パフォーマンス、データ管理、セキュリティの要件を満たします。

    ハイパフォーマンスのワークロード、エンタープライズ データベース、データ保護の機能を備えたAmazon FSx for NetApp ONTAPでは、プライマリ アプリケーションの実行、バックアップとDRのためのオンプレミスからクラウドへの拡張、迅速な開発とテストが可能であり、クラウド ネイティブのアプリケーションに使用できます。 ネットアップの主要なクラウド サービスを統合してサービス レベルを高め、AWSネイティブのすべてのサービスにアクセスできます。

ご希望のクラウドでソリューションの利用を開始する

次の項目をクリックして、ネットアップのOracleソリューションの詳細をご確認ください。