SQL Serverをクラウド ストレージでさらに便利に

Gartnerのレポートによると、2022年までに全データベースの75%近くでクラウドベースのストレージが必要になると見込まれています。Microsoft SQL Server(MS SQL)は、業界をリードするリレーショナル データベース管理システム(RDBMS)であり、Windowsプラットフォーム向けの多くのアプリケーションに利用されています。SQL Serverは、企業の膨大なデータセットを管理する方法に革命をもたらしてきました。

最新のデータに関する課題を解決するには、エンタープライズクラスの機能セットが必要です。クラウドのSQLデータの管理と分析を改善するための適切なクラウド ストレージ機能を持つことが重要になっています。

oracle-db-performance-black

パフォーマンス

低レイテンシ、高IOP、高スループットのストレージにより、アプリケーションのパフォーマンスを適切に維持するメリットがデータベースにもたらされます。

oracle-db-availability

可用性

冗長性と高可用性に対応した構成により、デバイスに障害が発生してもアプリケーションがオンラインのまま維持されます。

oracle-db-protection-black

保護

データの破損、外部からの脅威、偶発的なデータの損失を防ぐために、データを適切に保護する手段が必要になります。

oracle-db-cost-black

即応性

スピーディなイテレーションや並行テストにより、アプリケーション開発ワークフローにイノベーションとコスト削減のメリットがもたらされます。

oracle-db-durability

データ保持性

サービス障害によるデータの損失が許されないのは、クラウドでも同じです。不測のサービス停止によるデータ損失を防止するストレージが必要です。

oracle-db-optimization

最適化

データベースの効率を高め、決まりきったタスクを自動化することで、人為的ミスによるリスクの発生を抑え、運用時の生産性を改善できます。

NetApp Cloud Volumes for SQL Serverを選ぶ理由

SQLデータベースの設計、導入、クラウドへの移行にあたっては、すべてのワークロードが同じでないことを理解する必要があります。高いパフォーマンス、大容量のストレージ、あるいはその両方など、ワークロードによって求められるものは異なります。NetApp Cloud Volumesであれば、構造化データと非構造化データのどちらについても、クラウドにおけるSQLデータベースの処理を高速化できます。


Cloud Volumesは、NetApp ONTAPを基盤とするAzure、Google Cloud、AWS向けのインテリジェントなクラウド ストレージであり、フルマネージドのクラウド ストレージ サービスまたはユーザ定義のストレージ管理レイヤとして次の機能を提供します。

arrows-reverse-black

イノベーションを加速

ご希望のパフォーマンス階層においてレイテンシをミリ秒単位のレベルに抑え、要件の変化にも動的に対応することができます。

clock-black

無限の拡張性

複数のアベイラビリティ ゾーンにわたってデータをレプリケートできます。また、アップタイムが保証され、RPOゼロの設定が実現します。

newsletter-black

エンタープライズで実証済み

99.9999999%のデータ保持率が保証されており、ダウンタイムやデータ損失の発生を回避できます。

security-black

一貫したエクスペリエンス

スペース効率に優れたスナップショットとブロックレベルのレプリケーション機能によって、データのバックアップ / リストアの遅延とリスクを排除します。

clones-black

クラウドへの迅速な移行

効率性と即応性に優れた移行により、コードを変更せずにアプリケーションの開発を迅速化できます。

gear-black

組み込みのインテリジェンス

データ管理の自動化とコールド データの階層化によってクラウド ストレージ容量を最大70%節約し、コストを削減します。

ご希望のクラウドでソリューションの利用を開始する

SQL Server向けソリューションの詳細については、以下をクリックしてください。