VDS_logo仮想デスクトップ サービス

仮想デスクトップの簡易化と自動化

ネットアップの仮想デスクトップ サービスでは、SaaSベースのグローバルなコントロール プレーンを通じて、仮想デスクトップ環境を導入し、管理、最適化できます。

ROIを計算 コスト削減額を計算

image-223

情報

企業は、主に従来のデスクトップ環境からクラウド主導の仮想デスクトップ ソリューションへ、労働力の生産性モデルを移行させる動きを継続的に受け入れています。プライベート クラウド、パブリック クラウド、ハイブリッド環境内で仮想デスクトップ ソリューションを統合することで、運用コストの効率化と、ユーザが物理的にどこにいるかに関係なくデスクトップやソフトウェアへのアクセスをサポートする柔軟性を実現しています。

screen-shot-2020-12-28-at-12-53-44

ビデオを見る

仮想デスクトップ サービスを選ぶ理由 ネットアップは、仮想デスクトップのプロビジョニングと自動化を容易にします。ネットアップの仮想デスクトップ サービス(VDS)は、クラウドの拡張機能として機能する、仮想デスクトップ管理のためのグローバル コントロール プレーンです。仮想デスクトップ サービスを使用すると、企業は、世界のどこでも検証済みのソリューションを導入して、仮想デスクトップ ソリューションを管理する際にほとんどの企業が直面する課題や非効率に対処できます。



仮想デスクトップ サービスは、オンプレミス環境はもちろん、Microsoft Azure、Amazon Web Services、Google Cloud Platformなどの大手パブリック クラウド環境のリモート デスクトップ サービス(RDS)にも対応しており、Microsoft AzureのMicrosoft Windows Virtual Desktop(WVD)ソリューションも標準でサポートします。

ITの課題

ビジネス上の課題

ic_cost-3

設定をワークスペースそれぞれで手作業で行っているため、コストがかさむ。

ic_fast

設定をワークスペースそれぞれで手作業で行っているため、コストがかさむ。

ic_time

デスクトップ ワークスペース全体でのユーザの管理、リソースのプロビジョニング、ポリシー変更点の適用のスピードと即応性が低い。

ic-seamless-2

仮想デスクトップのデータ オーケストレーション、リソース割り当て、ワークロードの移動をシームレスに統合できない。

ic_settings (1)

ユーザ、インフラ、アプリケーション、デバイスにわたるVDIソリューション スタックの管理が複雑。

ic-integration-3

エンドポイント デバイスの急増により、ユーザのリアルタイム データ、ソフトウェア、アプリケーションの同期が複雑化している。

ic_migration (1)

仮想デスクトップ ユーザの急増に対応するために、複数のクラウド環境にわたってグローバルにワークロードを拡張する必要がある。

ic_down

テレワーク、契約社員、季節労働者の需要の急増に対応するうえで必要となる生産性と容量が足りない。

主なユースケース
  • ic-migration-4

    仮想ワーカーの増加に対応するために柔軟性の高い新たなワークスペースを実現する。

  • ic-id-1

    モバイル ユーザやモバイル デバイスの急増に対応する。

  • group-27-1

    季節労働者、シフト勤務、契約社員の働き方に対応する。

解決策:仮想デスクトップ サービス

仮想デスクトップ サービスはネットアップが提供するSaaSソリューションで、任意のクラウド環境で仮想デスクトップのプロビジョニング、導入、管理、最適化を自動的に行うことができます。デスクトップ ライフサイクルのあらゆるフェーズで仮想デスクトップを管理するためのグローバルなコントロール プレーンを提供することで、クラウド機能を拡張します。仮想デスクトップ サービスは、オープンなREST APIを備えた柔軟性の高いソリューションで、ユーザのプライベート、パブリック、またはハイブリッド クラウド導入戦略に沿って、選択したエンドポイント デバイスとの相互運用が可能です。

シンプルな仮想デスクトップ環境

リアルタイムのデータ、ソフトウェア、アプリケーションと同期するワークスペースを迅速にプロビジョニングすることで、短時間で職場環境の生産性を高めます。

仮想デスクトップ管理の自動化

あらゆる場所ですべてのユーザにわたり、仮想デスクトップのデータ オーケストレーション、リソース割り当て、ワークロードの移動をシームレスに実現します。

仮想デスクトップの容量の最適化と拡張

仮想デスクトップ環境でネットアップのクラウド データ サービスを活用して、複数のクラウド環境にわたってグローバルにワークロードを拡張してデスクトップ ユーザの急増に対応し、クラウド インフラのコストを最大50%削減します。

特長

  • ワークスペースの導入を自動化

    リアルタイム データと同期し、任意のパブリック クラウドと統合する従業員向け仮想ワークスペースの導入を自動化できます。

  • オープンなREST APIとSaaSを活用

    オープンなREST APIとネットアップのシンプルなSaaSユーザ インターフェイスを活用して、仮想デスクトップのプロビジョニング、拡張、統合、一時停止、電源オフを一元的に行い、時間を短縮できます。

  • シンプルなユーザ管理

    ソフトウェアの更新、データ オーケストレーション、リソース割り当て、ワークロードの移動を一元的にスケジュール設定でき、すべてをシンプルかつシームレスに行えます。

  • クラウド リソースを拡張

    現在の需要や需要見込みに合わせて、クラウド インフラ リソースのスケールアップやスケールダウン、オーバープロビジョニングされたリソースの再割り当てを自動化できます。

  • アプリケーション管理を統合

    ポリシーに基づいて、ユーザID、サーバ認証、データ ファイル、データベース、ストレージ、プロファイル、ユーザや部門の構成にわたるアプリケーション管理およびランタイム セッションを統合できます。

  • ネットアップのクラウド ソリューションと統合

    ハイパフォーマンスな共有ストレージ、データ保護、最適化、コンプライアンスを基盤としたネットアップの包括的なクラウド データ サービス ファミリーとVDSを統合できます。

FAQ

  • 全般的な質問
  • 技術的な質問
  • ネットアップの仮想デスクトップ サービス(VDS)とは何ですか?

    VDSは、クラウドの拡張機能として機能する、仮想デスクトップ管理のためのグローバル コントロール プレーンです。VDSを使用すると、企業は、世界のどこでも検証済みのソリューションを導入して、従来の仮想デスクトップ ソリューションを管理する際に直面する非効率に対処できます。

  • VDSで、どのような課題に対応できますか?

    VDSは、仮想デスクトップのプロビジョニングと自動化を容易にします。仮想デスクトップの導入、管理、最適化における最大の課題に対する検証済みソリューションを、世界中の企業に提供しています。

  • VDSはこれらの課題をどのように解決するのですか?

    VDSは、デスクトップのライフサイクルのあらゆるフェーズで仮想デスクトップを管理するためのグローバルなコントロール プレーンを提供することで、クラウド機能を拡張します。VDSを使用すれば、ユーザとインフラの両方を自動的にプロビジョニング、導入し、お客様のポリシーに従ってクラウド、Windows、アプリケーション レイヤを管理できます。VDSは、オープンなREST APIを備えた柔軟性の高いソリューションで、ユーザのプライベート、パブリック、またはハイブリッド クラウド導入戦略に沿って、選択したエンドポイント デバイスとの相互運用が可能です。

  • VDSは、どのクラウド環境で使用できますか?

    VDSは、Microsoft Azure、Amazon Web Services、Google Cloud Platformなどの主要なパブリック クラウド環境や、vSphereハイパーバイザーを実行しているオンプレミスHCI環境でのリモート デスクトップ サービス(RDS)をサポートしています。また、Microsoft AzureでのMicrosoftのWindows仮想デスクトップ(WVD)ソリューションのネイティブ サポートも提供します。

  • VDSは、当社の従業員構成の変化に関する要件に対応できますか?

    VDSは、今日の従業員構成の変化に次のようにして対応します。

    • オンプレミスで各ワークスペースを手作業で設定することに伴う時間、プロセス、コストを削減
    • スピードと即応性に対するニーズや、契約社員、季節労働者、シフト勤務などが混在する今日の従業員構成の急速な変化によって変動するビジネス環境での人為的ミスのリスクを軽減
    • 従業員向けのワークスペースを迅速に作成し、リアルタイム データと同期し、任意のパブリック クラウドと統合することで、アプリケーション プロビジョニングの時間を短縮
    • シンプルなSaaS UIとオープンなAPIインターフェイスにより、デジタル ユニファイド ワークスペースのプロビジョニング、拡張、統合、一時停止、電源オフ、監視、保守の時間を短縮
    • パブリック クラウドやハイブリッド クラウドとの柔軟な相互運用性を実現
  • VDSを導入するためのハードウェアとソフトウェアの要件を教えてください。

    VDSは、ホスティング型のグローバル コントロール プレーンであり、SaaSソリューションとしてアクセスします。そのため、物理的な「導入」はまったく必要ありません。必要となるのは、サービスへのクレデンシャルだけです。これにより、お客様が選択したクラウド インフラまたはオンプレミス環境にサービスを導入できます。

  • VDSには、どこからアクセスできますか?

    VDSのコントロール プレーン ソフトウェアは、ネットアップがホストして管理します。VDSはSaaSソリューションとして管理されているため、パブリック、プライベート、ハイブリッドのいずれのクラウド モデルでも、お客様が選択したクラウド インフラを利用でき、仮想デスクトップの導入時間が短縮されます。

  • VDSの拡張性について教えてください。

    VDSには高可用性PaaSの各種要素が含まれているため、どこから利用していても一貫したパフォーマンス アップタイムとセキュリティが確保されます。また、ネットアップはAzure NetApp FilesやCloud Volumes Serviceなど業界で最も拡張性の高いクラウド サービスを提供していることが高く評価されているので安心してご利用いただけます。

  • VDSが導入、管理できる仮想デスクトップの数はいくつですか?

    VDSは、お客様が選択したクラウド インフラで運用できるクラウド ベースのソリューションなので、サポートできるエンド ユーザ数や仮想デスクトップ数に上限はありません。

  • VDSを使用してパブリック クラウド環境で仮想デスクトップを実行するのにかかるコストは、どれくらいですか?

    コストがかさむ主な要因に、コンピューティング、ネットワーク、ストレージのリソースがあります。VDSは、仮想デスクトップの消費ニーズに合わせて既存のITインフラ リソースをリアルタイムで「適切なサイズに調整」するためのツールを備えています。また、現在のクラウド リソースのコストと利用率を最適化し、最小限のコストで最大限のパフォーマンスを達成します。